メスが不要の美容整形

患者のニーズに合った美容整形

きれいになるために美容法として美容整形を選択しようと思っている人の中でもやはり、安全で危険性ができるだけ低い整形手術を希望する人が多い様です。やはり、きれいになりたいという気持ちは強くても危険を犯してまできれいになるのは気が引けると感じている人も多い様です。

美容整形に安全性を求めるニーズはとても高く、プチ整形が誕生した事はたくさんの人の理にかなった美容整形であると言えるでしょう。

近年では美容整形の中でも特にプチ整形の利用者の割合が高くなっています。

プチ整形の利用

プチ整形を利用する事で患者が手術に対して感じる不安や恐怖を大幅に軽減する事ができるようになりました。

手術中は全身麻酔を利用する事もあります。
全身麻酔は時には危険性を伴う事もあります。また、手術が終わった後はかなりの痛みがあります。

しかし、プチ整形の多くは部分麻酔で済ませる事ができます。そして、更に手術を終えた後の痛みも切開する時と比べるとかなり減らす事ができます。

プチ整形は患者が体験する痛みも同時に減らす事ができます。
現在の美容法の中でも最も優れたものの一つです。

美容整形はなぜ保険がきかないの?

美容整形が膨大な金額がかかるということをそういったことに興味がない人でもなんとなく知っているかと思います。ではなぜ病院で受ける施術なのに通常の治療と全く異なって高くなってしまうのでしょうか?

大きな理由としてはなんといっても保険がきかないということです。保険がきかないということがどういったことかと言いますとかかった治療費用を100パーセント自分で負担しなければならないということです。つまり通常の治療であれば10万円あったとしても自分で支払うのは2万円から3万円程度になりますが、整形になるとそれが10万円の支払いになります。

急増している美容整形

美容整形と聞くと一部の特別な人が行うようなイメージがありました。しかしながら、ここ最近においてはその様子に変化が生じているようです。スマートフォンが普及するようになり、SNSなどでの写真などがきっかけとなり整形を考えるような人もいるようです。

20代以下においては、10年前と比較すると16倍にものぼっていることが言われています。スマートフォンと比例して、美容整形の件数が伸びているようなことも言われています。今後においても増えていくことが予想されていますが、整形するにあたってはしっかりとした目的を持つことが大切になるでしょう。

分かりにくい美容整形

さまざまな種類の施術内容がある美容整形ですが、日本人においては整形と分かりにくいような施術に人気が集まっています。まぶたや鼻、バストなどの箇所のプチ整形もそうですし、アンチエイジングなどの施術についてもあげられるでしょう。

細かな箇所を整形することによって、大きな変化はないかも知れませんが、自然におこなう美容整形のニーズが高まっていることがあげられます。痛みや施術時間も大分軽減されるようになっていますので、化粧感覚で行うような人もこれからは増えていくことが予想されるでしょう。失敗しないようにしっかりと、カウンセリングを受けたいですね。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪府大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

大阪府医師会館

大阪市営地下鉄谷町線谷町6丁目駅下車(南3番出口)

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/