休みに行う二重整形

社会人になってしまうと、長い休みを取る事は難しい場合もあります。しかし、学生の場合には冬休みや春休み、もしくは夏休みなど長い休みがあります。この期間を利用して、二重整形を行い、学校が始まる時には傷跡もなく完治している状態で登校する事ができますね。

大学生などが利用する事が多い様ですね。そのため、この時期に二重整形を行うのであれば、早めに予約をしておく事をおすすめします。直前になると予約が一杯で、希望する日に手術が受けられないという事も考えられます。

また、長い休みがあっても学校が始まる直前に手術を受けたのであれば、傷が残っている状態で登校しないといけない事も考えられます。

埋没法による美容整形の二重整形がおすすめです

埋没法での二重整形に人気が集中しています。埋没法は、一切メスを使用せずに、施術を行うので、ダウンタイムが圧倒的に短いのが特徴です。痛みや腫れ、恐怖心を感じることなく施術を受けられます。

埋没法は、細い糸でまぶたを留めて、二重まぶたにしているので、まぶたの形が気に入らない場合や、流行によってまぶたの形を変えたいときには、再手術をすることが可能です。これが埋没法の最大のメリットとなります。何度も再手術を受けられるので、流行に敏感な若い人達を中心に人気の美容整形手術です。埋没法による二重整形はとても多くの人が希望し施術を受けています。

美容外科で行う二重整形の種類と特徴

二重に整形したい方や整形する方は、美容外科の二重整形の種類を把握しておいたほうが良いでしょう。美容外科で行う種類として、埋没法と切開する方法があります。切開する方法には二つあり、部分切開法と、完全切開法があります。

部分切開法は、1センチから2センチ程度切開し、縫い合わせることで二重を作ります。完全切開法は、患者の希望する二重の線を入れて二重を作る方法となります。埋没法は、メスで切開することなく、針と糸を使用して二重を作ります。まぶたの内側から糸で固定する方法となります。切開よりも値段が安く、リスクも少ないため人気の方法となっています。

美容整形の二重整形で簡単にできる二重まぶた末広型

末広型は日本人が似合う二重まぶたです。美容整形の二重整形にする方法はメスを一切使わず、糸で数カ所縫い合わせるだけの埋没法でおこなわれます。末広型の二重整形のメリットは短時間で二重が手に入る、糸で留めてるだけなので幅の修正が簡単にできる、切開方よりまぶたが腫れにくい、すぐに二重になるのがメリットです。

しかし、まぶたに糸で数カ所留めているだけなので二重が定着する前に糸がとれてもとに戻ってしまうデメリットがあります。それでも広末型は適度な幅が簡単にできるので人気があります。アイプチなどをする手間が省けて値段も安くできるのでプチ整形としても人気があります。

二重整形でおこりがちなトラブルって?

美容整形というと一昔前まではとてもトラブルが多いというイメージでした。しかし最近では二重整形も他の施術も医療技術も発展してきており、そういったトラブルや事件もそこまで大きくなくなってきています。

しかしそれでも全く0になったという訳ではなく今でもトラブルは起きているのです。ではどういったトラブルが起きやすいのでしょうか?まず埋没法の場合にはテープやのりが体に合わずかぶれてしまったという話をよく聞きます。ま二重まぶたを作っていたテープが思っていたよりも早く落ちてきたという話も聞きますね。また切開法の場合にはメスで目元を切るためよりトラブルが起きやすくなります。

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

二重整形関連

MENU

TOP 発展を続ける美容整形 脂肪吸引をしない? 美容整形の二重整形で綺麗を保つ方法